シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行うSV FRONTIERと、 株式会社VOYAGE GROUPで立ち上げた、 日米のFinTech企業を対象とした投資ファンドです

  1. Media
  2. 70 view

【ABCash】伊藤忠商事様と資本業務提携を締結 & テレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』にて紹介

7月1日(木)22:00〜放送の『WBS(ワールドビジネスサテライト)』で、本件が紹介されました。

以下がプレスリリースです。

女性のためのオンライン金融教育「ABCash」を展開する株式会社ABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:児玉隆洋、以下「当社」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO :石井敬太、以下「伊藤忠商事」)と資本業務提携することで基本合意いたしましたことをお知らせいたします。

・資本業務提携の背景

当社は、「お金の不安に終止符を打つ」というミッションの基、中立的な金融教育サービスを3つの柱で提供しております。

1.「ABCash」ミレニアル女性向けお金のパーソナルトレーニングサービス

2.「ABCare」法人向けお金の福利厚生サービス

3.「SDGsの推進」質の高い金融教育を全国の教育機関へ提供

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、将来への不安は多様化し、お金のスキルについて学ぶ人が増えています。当社は、10,000人以上の『お金の行動科学データ』を保有しており、テクノロジーを用いて正しい金融教育の普及に取り組んでいます。

一方、伊藤忠商事は、中期経営計画「Brand-New Deal 2023」にて、リテール金融・保険事業における顧客接点拡充・活用によるビジネス拡大を掲げており、顧客に寄り添った課題解決を目指すABCashとの協業による新たな事業開発を目的として、本資本業務提携に至りました。

・今後の展望

今後は、これまでに培った中立的な金融教育の知見や、累計受講者10,000人以上の『お金の行動科学データ』を活用し、伊藤忠商事との新サービス開発、既存サービス進化、マーケティング連携などを積み重ねることで、データビジネスのシナジー創造を目指してまいります。

・コメント:伊藤忠商事株式会社 金融ビジネス部長 松尾 英俊氏

人生100年時代を迎え、個人の金融リテラシーの底上げは、日本における大きな社会課題の一つと認識しております。ABCash Technologies社が提供する金融教育事業は、まさにこうした社会の意識の変化を的確に捉え、課題を解決していくものであると考えております。

「お金の不安に終止符を打つ」ミッションを掲げ、一人一人の顧客に寄り添うABCash Technologies社の姿勢は、我々伊藤忠の推進する「マーケット・イン」ビジネスのそれと通ずるものです。

今回の資本業務提携を機に、伊藤忠商事としてABCash Technologies社のビジネス拡大をサポートして参ります。

(後略)

https://company.abcash.co.jp/posts/20210702

Mediaの最近記事

  1. 【VENTENY】Forbes JAPAN掲載:「福利厚生金融」のアジア展開。ユーザーはフ…

  2. 【スマートバンク】週刊東洋経済の「すごいベンチャー100」に選出!連続起業家の枠で2番目に…

  3. 【ファンズ】国内初*ESG(環境/社会/企業統治)評価付きの貸付ファンドの取扱い準備を開始…

  4. 【スマートバンク】家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」の新機能“ペア口座”(特許出願中…

  5. 【ABCash】伊藤忠商事様と資本業務提携を締結 & テレビ東京『WBS(ワール…

関連記事

PAGE TOP