シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行うSV FRONTIERと、 株式会社VOYAGE GROUPで立ち上げた、 日米のFinTech企業を対象とした投資ファンドです

  1. Media
  2. 79 view

【VENTENY】12月15日インドネシア証券取引所へ上場!

SV-FINTECH投資先のVENTENYが12月15日インドネシア証券取引所へ上場。日本人創業の現地法人としては東南アジア市場での上場は歴史上初!

以下、こちらから抜粋

同社は12月15日に IDX に上場し、取引が開始された。VENTENY は株式の15%に相当する9億3,900万株を、1株あたり316ルピア(約3.17円)で売り出した。これに対し、投資家からは募集株式の12.58倍に上る応募があったという。

株式は現在、売出価格の2割増程度にあたる390ルピア(約3.44円)前後で取引されている。現在の株価を元にすると、同社の時価総額は2.4兆ルピア(約210.5億円)となる。この金額は、親会社にあたる CARTA HOLDINGS(VENTENY 上場前段階で、VENTENY 株式の24.77%を所有)の時価総額約413億円の約半分に当たる。目論見書によれば、VENTENY は調達資金目標額3,383億2,000万ルピア(約30億円)のうち、30%に相当する1,014億9,000万ルピア(約8.9億円)を事業拡大に使う予定だ(残りは運転資金などに充当)。

なお、その事業拡大に充当される1,014億9,000万ルピア(約8.9億円)のうち、40%をアプリケーション(VENTENY スーパーアプリ)の開発、30%を請求書発行システムなどの会員専用機能の開発、残りの30%を現在の(本社ジャカルタのある)ジャワ島に加え、スマトラ島南部、スラウェシ島、バリ島および東南アジア各国への進出と駐在員オフィス設立に使う予定だ。同社は、フィリピン、タイ、ベトナムへの進出計画を表明している。

東南アジア諸国では、学資保険や健康保険などの未整備から、従業員が家族の進学や医療ケアなどの事情で急に資⾦が必要となる状況が⾮常に多い。一方で、個人が容易に融資を受けられるような金融サービスが提供されておらず、企業の従業員は、仕事内容や働き甲斐などではなく、単純に給与の⾦額のみで転職をする傾向が多く⾒られる。こうしたお金のペインの解決を狙う Financial Inclusion(金融包摂)は、東南アジアのフィンテックスタートアップがアイデアでしのぎを削っているにぎやかな事業領域だ。

(後略)

引用元リンク(BRIDGE)

Mediaの最近記事

  1. 【VENTENY】12月15日インドネシア証券取引所へ上場!

  2. 家計簿プリカ「B/43」がGoogle Play ベスト オブ 2022「生活お役立ち部門…

  3. 【 VENTENY 】2022年11月18日、インドネシア証券取引所への上場が原則、承認。…

  4. SV-F Catalyst #2 開催報告(2022/8/3)

  5. 【ABCash】8/3児玉社長の著書『未来のお金の稼ぎ方 お金が増えれば人生は変わる』出版…

関連記事

PAGE TOP