シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行うSV FRONTIERと、 株式会社VOYAGE GROUPで立ち上げた、 日米のFinTech企業を対象とした投資ファンドです

  1. Media
  2. 168 view

日経新聞朝刊7面および電子版にて投資先のクラウドポートが掲載されました

フィンテック、金融の空白補う 企業価値200億円超7社
解剖 NEXTユニコーン調査 

2019/11/25 0:00

IT(情報技術)と金融を融合したフィンテック分野で、スタートアップ企業の成長が目立つ。日本経済新聞社の「NEXTユニコーン調査」で企業価値を算出したところ、200億円を超す企業数が最も多く7社あった。資産運用の自動化などの技術革新で個人や企業に新しいサービスを提供している。既存の金融市場で空白だった領域を新興勢が埋める構図だ。

調査で企業価値を算出した181社のうち、フィンテック企業は14社となった。クラウド経由で会計ソフトを提供するフリー(東京・品川)が最上位の4位だった。同社は12月17日、東証マザーズに上場する。次はどのフィンテック企業が上場するか、関心が高い。
14社をみると、クラウドやビッグデータ分析など最新の技術によって従来なかったサービスを生みだす企業が並ぶ。銀行の事業の柱である決済と融資の分野で多くのサービスが登場し、投資家も成長を期待する。

(省略)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52449320R21C19A1FFR000/?fbclid=IwAR3e123Uoe8Ifo3yWW5eLFZpNioUmvgK65LYhi214IybsbMHAkGSKSSyoHg

Mediaの最近記事

  1. 【米国HeadSpin/コウェル】初期費用なく1ヶ月から使える月額28,000円のサブスク…

  2. 【コウェル】米国HeadSpinのテストプラットフォームと連携した新サービス「MATCH」…

  3. ABCashが日本経済新聞に掲載されました。(1/20)

  4. 投資先ココペリ、京都銀行と佐賀銀行と提携。金融機関のDX対応支援を加速

  5. SV-FINTECH投資先ココペリがマザーズ上場、2021/3業績予想 売上倍増・黒字化

関連記事

PAGE TOP