シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行うSV FRONTIERと、 株式会社VOYAGE GROUPで立ち上げた、 日米のFinTech企業を対象とした投資ファンドです

  1. Media
  2. 131 view

【Funds】電通と資本業務提携&貸付ファンドを通じてファンコミュニティを形成する “FinCommunity Marketing”を共同開発

貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」を運営するファンズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤田雄一郎、以下「当社」)は、2020年8月に株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐博、以下「電通」)との資本業務提携を発表しました。今後両社共同で、ファンズが運営する貸付投資プラットフォームと個人投資家ネットワークを活用し、日本初(※1)貸付型ファンドを通じて、個人と企業がつながる新たなファンコミュニティ施策“FinCommunity Marketing(フィンコミュニティマーケティング)”を開発・展開してまいります。

(中略)

“FinCommunity Marketing”の概要
“FinCommunity Marketing”はFinance(ファイナンス)とファンコミュニティを組み合わせた新しいファン形成のためのマーケティング手法です。電通が有するマーケティングノウハウを活用し、個人との新たな関係づくりを希望する企業に対してファン形成のための支援を実施します。企業が求めるファン像や目的に応じてオリジナルファンドを組成。2万人以上の優良投資家ネットワーク(詳細は下記「参考資料」参照)を持つFundsの貸付投資プラットフォームにて募集することで、投資をきっかけとした企業と個人のファンコミュニティを形成します。また、企業のニーズに応じてファンド募集にあたってのPR、イベントの実施、ファン向けメッセージ開発など個人投資家との関係づくり施策なども支援してまいります。

https://funds.jp/blog/detail/73?fbclid=IwAR36_Izl7-0T35C2jZzuu-1ent3nA0xXzBTXH7RxE3kWSZKiWIhwhY5s4mI

Mediaの最近記事

  1. 【米国HeadSpin/コウェル】初期費用なく1ヶ月から使える月額28,000円のサブスク…

  2. 【コウェル】米国HeadSpinのテストプラットフォームと連携した新サービス「MATCH」…

  3. ABCashが日本経済新聞に掲載されました。(1/20)

  4. 投資先ココペリ、京都銀行と佐賀銀行と提携。金融機関のDX対応支援を加速

  5. SV-FINTECH投資先ココペリがマザーズ上場、2021/3業績予想 売上倍増・黒字化

関連記事

PAGE TOP