シリコンバレーを中心に投資と事業開発を行うSV FRONTIERと、 株式会社VOYAGE GROUPで立ち上げた、 日米のFinTech企業を対象とした投資ファンドです

  1. Media
  2. 67 view

VOYAGE GROUPがフィンテック投資を加速、米SV FRONTIERと組んで新ファンド「SV-FINTECH Fund」を組成

VOYAGE GROUPは1月24日、米シリコンバレーの独立系ファンド「SV FRONTIER」と共同でフィンテック特化型の投資ファンド「SV-FINTECH Fund(SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合)」の立ち上げを発表した。
またアドバイザーにはフィンテック専門の現役弁護士であり個人投資家のトム・ブラウン氏が就任するという。ファンドの運営は、両社が合弁で新設したSV-FINTECH1号有限責任事業組合がジェネラル・パートナー(GP)として行う。フィンテック分野における国内外のスタートアップへの投資(1社あたり1000万〜5000万円程度)だけではなく、リミテッドパートナー(LP)のフィンテック分野への取り組みのサポート、事業開発支援も行っていくとしている。
現在、LPには、金融情報ベンダーのQUICK、IT機器や計測器などのレンタル事業を手がける横河レンタ・リースの参加が決定。今後は追加で5〜10社の出資を募り、最終的には総額20億円規模のファンド組成を目指す。

https://jp.techcrunch.com/2017/01/24/sv-fintech-fund/

Mediaの最近記事

  1. 投資先ココペリ、京都銀行と佐賀銀行と提携。金融機関のDX対応支援を加速

  2. SV-FINTECH投資先ココペリがマザーズ上場、2021/3業績予想 売上倍増・黒字化

  3. 【クリプタクト】DG Daiwa Ventures、ジャフコ、ミンカブ他を引受先とする4億…

  4. Finovate West Digital:デモ企業レポート

  5. 【Funds】国内初、スマホ決済サービス「メルペイ」で貸付投資ができるファンドが登場!(1…

関連記事

PAGE TOP